仕事

新米のオンコール待機📞

みなさんこんにちは【どん】です

最近季節の移り目で温度差が激しいですが

体調に気をつけてお過ごしください😓

それでは今日は

『新人がオンコール体制に入るまで』

というテーマでお話しさせて頂きます。

オンコール体制

私の勤める病院では臨床工学技士は

オンコール体制を採用しております。

オンコールは「ファースト」、「セカンド」

の2人を当番制で回しています。

他施設の方のお話を聞くと

1人で対応されてる施設や

当直業務で対応されている施設もあるようです。

オンコール当番の仕事

オンコール当番の人の仕事は以下にまとめます。

オンコール業務

  • 日勤帯業務の引き継ぎ
  • 深夜緊急症例の対応

日勤帯(8〜17時)で業務が終わらないことはよくあります。

例えば

・人工心肺手術が長引いた

・ペースメーカ設定変更が必要(手術室)

・カテ症例が長引いた。

・メーカがメンテナンスに来る。

・透析終了時間が遅いetc...

このような事例で残業が発生します。

当院ではこの残業に対して基本的には

オンコール番の人が引き継ぎ対応にあたります。

実は今日も緊急PCI後のICU透析があり

【どん】はその対応をしていました。

【どん】がオンコール体制に入るまで

技士長の目標で
『新人は6ヶ月でコールに入れる』
と入職当時から知らされていました。
「透析」、「カテ」、「手術室」
それぞれ2ヶ月の教育期間を終えたらすぐ
オンコールということです。笑

もちろん当時は全く自信がなく、その目標に向け
日々精進していました。
今実際オンコールを任されているわけですが
正直まだまだ自信がないです。笑
IVUSなんて不安だらけです。。。
先輩方にはたくさん迷惑をかけています💦

学生時代の同級生に話を聞きますが
『入職から数年は透析』という人が多いです。
そのような中で1年目にしてこのように
様々な業務を与えてもらい、サポートしてくれる先輩がいるという環境には感謝しています。

結局どれだけ書籍で勉強して頭に入れても
行動できなければダメ。
体で覚えることが必要だと思います。

実際どんが体験した症例

時刻:午前3時40分

枕元で携帯がなり通知は「〇〇病院」

上司(女)
救急外来の看護師です

今から緊急PCIを行います。

来てください

承知しました。すぐに向かいます。
どん

病院から20分圏内に住むように

決められてます。
私の場合はコンタクトレンズを

入れて出発するので
10分後には病院について準備しています。

朝4時ごろから始まった症例は1時間半で終わり
朝6時に家に帰宅しました。
その日はいつも通り日勤でしたので
寝たら起きれないという不安から2時間起きたまま
8時から出勤しました。
初のオンコールでしたので
「コレがオンコールのしんどさか。」
と思いました。笑

余談ですが人工心肺を操作するポンプマンは
オンコールに関係なく電話で呼び出されます。
それはポンプマンをできる人が限られているからです。
これが人工心肺業務が重労働と呼ばれる一つの
理由であり、稼げる理由です。

最後に

みなさんこの話を聞いてどう感じましたか?
オンコール派、当直派、それぞれ意見が

あると思いますが
夜中に起こされるというのは

あまり気持ちよくありません。
安定を求めるのなら『当直』の方が

いいのかもしれません。
とは言え、私は当直業務を経験していないので

語る資格はありませんが💦

今日は『オンコール』について少しでもイメージしてもらえるように
記事にさせて頂きました。
文章力がなくうまく伝えられていな

所もあるかもしれませんが

最後まで読んで頂きありがとうございました🙇‍♂️

-仕事

© 2021 どん@東京都